求職者支援訓練でパソコン関連の技能を習得する

パソコン技能の習得できる求職者支援訓練
求職者支援訓練として開設されているコースには、色々とあります。
様々な職種、業種の職能を習得できるようにコースが設定されています。比較的多く開設されている訓練分野について紹介していきます。

今回は、パソコン関連の技能です。

【広告】


オフィスソフトをマスターするコース

どんな企業でも必須のパソコン技能の中でも最も一般的な分野と言えるオフィスソフトの操作。
ほとんどの訓練校ではマイクロソフトのOS、ウィンドウズとマイクロソフトオフィス(以下、MSオフィス)の操作について学びます。
MSオフィスはワープロ(ワード)、表計算(エクセル)、プレゼンテーション(パワーポイント)のスキルを身につけます。ビジネス文書の作成、ビジネス資料の作成、プレゼンテーション資料の作成およびプレゼンテーションをできるようになるのが目標です。

コース名には「パソコン」「PC」「OA」「IT」などと「ビジネス」が組合わせたコース名になっていることが多いようです。
パソコンの基本的な操作方法からビジネス資料を作るところまで一通りできるようにカリキュラムが作られています。

パソコン全般と経理事務をマスターするコース

パソコンの一般的な技能に「経理」や「会計」のスキルを組み合わせたタイプのコースです。
パソコンの操作方法や簿記の基本や日商簿記検定の受験対策だけではなく、就業後に使うであろう会計ソフトを実際に使って日々の記帳のしかたから年度末の決算のやり方まで演習します。実践形式で学ぶののが特徴です。
簿記だけではなく、給与計算、年末調整、社会保険、労働保険に関する基礎知識から事務作業までマスターするコースもあります。

コース名に「経理」「会計」「簿記」などとついているものはほとんどがこのコースです。
事務職希望の場合はこの技能を身につけると職選びに幅が広がります。

パソコン全般と販売・営業事務をマスターするコース

パソコンの一般的な技能の習得と販売や営業事務のスキルを身につけるコースです。
社会人としてのマナーや接客に加え、販売促進活動のための文書作成、売上などのデータ集計・分析、ホームページ作成などを学び、営業や販売の即戦力となる技能を習得することを目標とします。

開設されているコース数自体は多くありませんが、一般事務の求人が少ない地方都市で実施されるケースが多くあります。

人事労務の実務をマスターするコース

企業の人事労務部門で働くために必要な知識を習得するコースです。
人事労務部門で必要となる知識は労働法、社会保険、労働保険などの労務知識。これらを学び、実務上欠かせない手続き方法、書類の作成などを習得します。
開設されているコースによっては従業員の採用から退職までの時系列に沿ったケースワークを行い手続きのしかたを行うものも。
実務では必須となるパソコンを活用した経理事務、総務、人事と事務職のゼネラリストを目指すためのコースも稀にですが開設されています。

ピックアップ記事

未払いになっている残業代を請求しよう

【広告】

転職エージェント比較ランキング ベスト5

ワークマナビの管理人が考える、一番おすすめの転職エージェントをご紹介します。
「そろそろキャリアアップしなきゃ・・・」と、お考えのあなたに専門の転職エージェントによる充実した転職支援サービスの利用をオススメいたします。

履歴書・職務経歴書の効果的な書き方、面接対策、自身がまだ気づいていない強みの洗い出しも全部無料で活用できます!

まだまだ転職検討中の方もキャリアの棚卸しや自身の市場価値を知る機会を作ってみてはいかがでしょうか。複数の転職エージェントに登録するとキャリアコンサルタントの客観的な視点からあなたの適職や気づいていない強みに気づく事ができるのでオススメです。

エージェントを活用した転職は、採用されたらそれでサポートは終わりではありません。試用期間期間終了までの間、フォローを受けることが可能です。上司に直接言いにくい職場に対する不満点も聞いてくれて、角の立たない形で職場に改善提案などもしてくれるので安心ですね。

DODA
非公開求人の質量共にNo.1!
マイナビエージェント
じっくり探したいならマイナビキャリアがGood!
リクルートエージェント
大手を狙うならリクルート!
4位 JACリクルートメント
5位 パソナキャリア

未払い残業代の請求は「退職時に未払いになっている残業代を請求するには?」を参考にしてください!