専修学校等委託訓練の制度や受講のメリット

専修学校等委託訓練制度
専修学校等委託訓練とは、いわゆる公共職業訓練校の施設以外で行われる民間委託の訓練コースをいいます。

民間委託の訓練コースの大部分はオフィスワークを希望する方向けの訓練。
ニーズに合ったパソコン関連を中心に営業や販売についての技能を身につけられるコースがあります。

今回は、民間委託の訓練コースである専修学校等委託訓練の制度やメリット、受講可能な訓練コースについて見ていきます。

【広告】


専修学校等委託訓練って?

「専修学校等委託訓練」とは、都道府県の商工労働部など(名称は自治体によって異なる場合があります)が行っている民間の専修学校などに委託して行われる職業訓練を言います。

募集は都道府県が直接行うわけではなく、都道府県の技術専門学校が行います。
民間委託の訓練の名称は様々あるようですが、「離職者等再就職訓練」などの名称がついていることが多いようです。

都道府県の技術専門校(職業訓練校)で行われる訓練との違いは?

専門の訓練施設である技術専門校で行われる訓練コースは、従来からの工業系、建設関連、介護などの技能を身につけるためのコースが中心です。

対して、民間の専門学校に委託される訓練コースは、都市部でニーズの高いオフィスワーカー向けの訓練が中心になっています。

特に多く設定されている訓練コースは、パソコン関連の技能を身につけるための訓練。
パソコン関連の技能を身につける訓練コースは「パソコン」、「OA」、「IT」などの名称が付いたものの大半です。

訓練期間は技術専門校での訓練(6カ月~2年)に比べると3カ月程度と短いものがほとんどですが、なんといっても受講料は無料です(ただしテキスト代は実費)。
仕事で使えるスキルを無料で手取り足取り教えてもらえるので、エクセルやワードを覚えるために月謝を払って近くのパソコンスクールに通うのがバカバカしく思えてしまいますね。

民間委託訓練のメリットは?

民間委託の訓練コースの一番大きなメリットは受講チャンスが多いことではないでしょうか。

県庁所在地などの都市部では年間を通して訓練コースの募集をしているところが数多くあります。
1つのコースは3カ月程度なので最低3カ月に一度は募集がありますし、人気のコースであれば1ヶ月、2カ月おきにスライド開講する訓練もあるので、あまり待つことなくコースに応募することができますね。

さらに、技術専門校でおこなわれる理工系や介護などの訓練コースのように学科試験が課されることなく、書類選考だけで合否決定する事も。
書類だけで選考するかは委託先である専門学校が決定します。
しっかり募集要項を確認しましょう。

準備が書類だけでいいのなら随分ハードルが下がりますね。

パソコン関連以外の訓練コース

委託訓練は専門学校で行われる事はここまで読むと理解してもらえたのではないでしょうか。

専門学校はパソコン関連以外にも色々とあります。
また、訓練希望者のニーズも多様なので、徐々にではありますがパソコン関連以外の訓練コースも設置が進んでいます。

特に、求職者支援制度で行われている求職者支援訓練は多様なコースが設置されています。
求職者支援制度と雇用保険制度の一部である公共職業訓練は制度上は別の物ですが、委託訓練は相互乗り合わせしている場合もあります。

特色を持った訓練は以下の様なものがあります。

洋菓子屋パン作りを学ぶことができる「パティシエ・ブランジェ」やレストランプロデュースや食に関わる商品開発を学ぶ「フードコーディネーター養成」コース、美容系の技術を習得できる「メイク、ネイル、エステ」や「アロマテラピー」などのコース、語学力をアップさせる「ビジネス英語通訳」コース、旅行が好きな方に最適な「トラベル営業事務」などのコースなど。

それ以外にも特色あるコースが多数あります。
独立行政法人高齢・障害求職者支援訓練機構(JEED)のウェブサイトの求職者支援訓練 認定コース情報から検索することが可能です。
求職者支援訓練 認定コース情報

ユニークな訓練コースや手に職をつけたいという方にピッタリな訓練が見つかるかもしれません。
こちらもしっかりチェックをしておきましょう。

ピックアップ記事

未払いになっている残業代を請求しよう

【広告】

転職エージェント比較ランキング ベスト5

ワークマナビの管理人が考える、一番おすすめの転職エージェントをご紹介します。
「そろそろキャリアアップしなきゃ・・・」と、お考えのあなたに専門の転職エージェントによる充実した転職支援サービスの利用をオススメいたします。

履歴書・職務経歴書の効果的な書き方、面接対策、自身がまだ気づいていない強みの洗い出しも全部無料で活用できます!

まだまだ転職検討中の方もキャリアの棚卸しや自身の市場価値を知る機会を作ってみてはいかがでしょうか。複数の転職エージェントに登録するとキャリアコンサルタントの客観的な視点からあなたの適職や気づいていない強みに気づく事ができるのでオススメです。

エージェントを活用した転職は、採用されたらそれでサポートは終わりではありません。試用期間期間終了までの間、フォローを受けることが可能です。上司に直接言いにくい職場に対する不満点も聞いてくれて、角の立たない形で職場に改善提案などもしてくれるので安心ですね。

DODA
非公開求人の質量共にNo.1!
マイナビエージェント
じっくり探したいならマイナビキャリアがGood!
リクルートエージェント
大手を狙うならリクルート!
4位 JACリクルートメント
5位 パソナキャリア

未払い残業代の請求は「退職時に未払いになっている残業代を請求するには?」を参考にしてください!