求職者支援訓練でIT関連のエンジニア、プログラマーに必要な技能を習得する

求職者支援訓練でIT関連のエンジニア、プログラマを養成
求職者支援訓練として開設されているコースには、色々とあります。 様々な職種、業種の職能を習得できるようにコースが設定されています。比較的多く開設されている訓練分野について紹介していきます。 今回は、ITのプロ、ITエンジニアやプログラミングの技能です。

【広告】


WEB制作関連の養成コース

ウェブサイトの構築に必要なプログラミング知識とスキルを身につけるコースです。
基本となるHTML、CSSを中心にPHPなど基礎的なWEBプログラミング言語をマスター。発展的にデータベースを使った大規模サイトの構築技術などを学びます。IT関連の支援訓練で設置されているコースで最も多いのがWEB制作関連のコースです。コースの設置が多いのは学びたい人が多いことと、慢性的にWEB制作者・WEB管理担当者が不足していることが挙げられます。

WEB制作会社や企業内でのウェブサイトの開発設計、サイトの運営管理の担当者として就職をめざします。

WEBデザイン関連の養成コース

WEB制作関連のコースがプログラミングを中心としたものだったのに対して、WEBデザイン関連のコースではウェブページのデザインを中心に学びます。
基礎的な部分はWEB制作関連と同様の内容を学びますが、発展的にWEBデザインで使われる定番ソフト、PhotoShop(フォトショップ)やillustrator(イラストレーター)を実際に使用し、デザイン性とユーザビリティ(使いやすいデザイン)を両立したサイトを構築します。

設置コースは「ウェブクリエイター」や「ウェブデザイン」「ウェブデザイナー」と言った名称が付けられてます。
目指す就職先は、WEB制作会社や企業内のWEB担当部門です。

特定のプログラミングに特化した養成コース

根強い求人ニーズのあるプログラミング言語の「Java」や近年需要の高まりを見せている「Ruby」や「Python」を使ってシステム設計・開発を行うために必要な知識とスキルの習得をするコースです。
求人需要の多い都市部で設置されている事の多い支援訓練です。
多くのコースではウェブ制作に役立つ技術として開設されていますが、「JAVA」はスマートフォンアプリや家電向けの組み込みプログラムとしても使用されているので、大手家電メーカーやデバイス制作のメーカーなどを目指すシステムエンジニアやプログラマーを目指すコースもあります。

iOSやAndroid(アンドロイド)など特定のプラットフォームに特化した養成コース

Android(アンドロイド)やiPhoneで動作するiOS向けアプリを作成・開発するするために必要な知識とスキルを習得するコースです。
Android(アンドロイド)はスマートフォン、タブレットでの採用のほか、カーナビやスマート家電などにも組み込まれているので、Android(アンドロイド)アプリの制作技術を持つ人材のニーズは近年急増しています。

iOSではobjective-C(オブジェクティブC)、Android(アンドロイド)ではJAVAを中心に学ぶコースが主流です。

ネットワーク管理者の養成コース

ほとんどの企業・団体で導入しているパソコンはネットワーク(LAN:ローカルエリアネットワーク)を構築して使われています。
このネットワークを構築し、保守管理するために必要な知識とスキルを習得するためのコースです。
ネットワークの仕組みや実際にLANサーバを使った構築演習を行い、実践的な内容を学べます。
主流のLinuxサーバを中心に学ぶコースのほか、Windowsサーバの構築も併せて学ぶコースもあります。
ネットワークの管理保守は企業インフラの根幹とも言えるため根強いニーズがあります。

社会インフラとなる大手通信会社のほか企業内のネットワークエンジニア、ネットワーク管理者として就職することをめざします。

ネットショップ運営者の養成コース

企業やネットショップの管理者に必要となる知識やスキルを習得するコースです。
実際にネットショッピングサイトを作成して、商品登録、商品ページの更新、受注管理、在庫管理、商品写真撮影などのスキルを身につけられるコースもあります。

基本的な部分はWEB制作関連コースと同様ですが、ネットショップの運営実務を身につけるという目的が明確なので、ITの専門知識が少ないひとでも比較的学びやすいと言えます。
開設されているコースが少ないことがネックです。
目指す就職先は、大手ネット販売会社のほかネットで全国をターゲットに販売している中小企業など裾野は広くあります。
日本の小売業のEC(電子商取引)化率はまだまだ低く10%に達していません。これから成長が見込める分野なので、ネットショップ運用のノウハウは需要が高い分野と言えます。

DTP(印刷組版)技能者の養成コース

出版、広告、広報媒体の印刷物のレイアウト、組版作業はパソコンを使って行います。このパソコンを使った印刷組版の事をデスクトップパブリッシング(DTP)といいます。
このコースでは、DTPソフトの操作だけではなく、PhotoShopやillustratorなどのプロユースのグラフィックソフトを使い、視覚効果の高い印刷物のデザインを作ることのできる技能者を育成するカリキュラムとなっています。
多くのコースでは「DTPデザイナー養成コース」などの名称で開設されていいますが、ウェブデザインとの共通する部分も多いので、ウェブデザインとDTPを学ぶことのできる「DTP・ウェブデザイン」などの名称のついたコースも開設されています。

パソコンインストラクターの養成コース

パソコンを自由自在に使いこなすだけではなく、人に教える技能も学ぶコースです。
オフィスアプリケーションの操作を中心に、インターネットの使い方など基本的な技能の習得のほか、エクセルやアクセスなどで定型業務の自動化をおこなうVBA(ビジュアルベーシックアプリケーション)のプログラミング技術を学びます。それと同時に基本的な話し方、人に効果的に伝えるための話し方、コミュニケーションスキルなどを習得するカリキュラム構成になっています。
多くのコースでマイクロソフト社のMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格取得を目指す内容にもなっています。

パソコン教室で指導するインストラクターのほか、企業内の社員教育部門や人材教育の専門企業の講師などを目指します。

CAD技術者の養成コース

建築・土木のほか、製造業の図面作成に欠かせないCAD(コンピューターエイデッドデザイン:コンピューター製図)の技能を習得しCADオペレーターを目指すコースです。
業界標準のソフトであるAutodesk社のAutoCADの操作方法を習得するのが一般的です。
最近は立体的に構造物を設計可能な3DCADなども普及しているので、3D-CADを使用した図面作成を習得できるコースも開設されています。
大きく建設系と製造業で使われる機械設計に分けられ、開設コースの多くは建設系のCAD技術者養成校ースですが、機械設計のコースも少ないながら開設されています。

建設系は建設業のほか建築設計事務所、建設コンサルタントなどへの就職を目指します。
機械製図はCADデータと製造過程が直結しているため、設計を専門事業としないメーカー全般に根強いニーズがあります。

ピックアップ記事

未払いになっている残業代を請求しよう

【広告】

転職エージェント比較ランキング ベスト5

ワークマナビの管理人が考える、一番おすすめの転職エージェントをご紹介します。
「そろそろキャリアアップしなきゃ・・・」と、お考えのあなたに専門の転職エージェントによる充実した転職支援サービスの利用をオススメいたします。

履歴書・職務経歴書の効果的な書き方、面接対策、自身がまだ気づいていない強みの洗い出しも全部無料で活用できます!

まだまだ転職検討中の方もキャリアの棚卸しや自身の市場価値を知る機会を作ってみてはいかがでしょうか。複数の転職エージェントに登録するとキャリアコンサルタントの客観的な視点からあなたの適職や気づいていない強みに気づく事ができるのでオススメです。

エージェントを活用した転職は、採用されたらそれでサポートは終わりではありません。試用期間期間終了までの間、フォローを受けることが可能です。上司に直接言いにくい職場に対する不満点も聞いてくれて、角の立たない形で職場に改善提案などもしてくれるので安心ですね。

DODA
非公開求人の質量共にNo.1!
マイナビエージェント
じっくり探したいならマイナビキャリアがGood!
リクルートエージェント
大手を狙うならリクルート!
4位 JACリクルートメント
5位 パソナキャリア

未払い残業代の請求は「退職時に未払いになっている残業代を請求するには?」を参考にしてください!