職業訓練を受けると「給付制限」が適用されません

公共職業訓練を受けると給付制限がない
今回は、職業訓練を受けると失業保険の受給期間が延びますの補助的な内容です。自己都合で退職した場合、ペナルティとして失業手当が先送りされることになっています。これを「給付制限」と呼びます。

この給付制限は3カ月あるため、仮に自己都合退職したものの手元の貯金があまりなく心配だったらどうしますか?
実家住まいならなんとか乗り切れるかもしれません、友人や知人を頼ると言う人もいるかもしれませんが、3カ月分の生活費を借りたり友人宅に転がり込むのは気が引けると思います。

なるべくなら人に心配をかけず乗り切る方法を考えましょう。

【広告】


公共職業訓練を受講し給付制限を解除

乗り切る方法として提案したいのが、「職業訓練の受講」です。
「給付制限」については先ほど簡単に説明をしましたが、雇用保険法には正当な理由なく自己都合で退職した場合「給付制限」を課して給付を先送りします。しかし、この給付制限のルールには例外があり、「公共職業訓練をを受ける期間」については給付制限されないこととなっています。

いい抜け道とは言い難いので注意が必要

いい抜け道が見つかった!と安易に喜ぶのは禁物です。
職業訓練所は入校時期がどの地域のどのコースでも決められています。多くは4月7月10月1月開講、募集は約2~3カ月前から開始されます。
職業訓練所の入校時期にあわせて退職し(離職票の発行は即日はできません)、速やかにハローワークへ出向き入校手続きを済まさなければなりません。入校を待っている間はまだ給付制限はされたままです。

申込をすればすぐに入れるかと言えばそうとも言えません。人気のコースは高倍率なので、入校許可が下りないことも多々あります。退職前から希望する受講内容を吟味し倍率などもある程度知っておくべきでしょう。

あくまで緊急的な方法

自己都合退職の場合は給付日数も多くありません。また、この方法ですぐに給付を受けたとしても給付の前倒しが行われただけとも言えます。
特に、3カ月の受講コースだと受講終了とともに失業手当の受給期間も満了になってしまいます。
今回の紹介は、あくまで緊急的な手段としてのものと考えておいてください。

所定の給付日数をある程度消化してから職業訓練を受講した方が結果的に長い期間失業手当を受給できるので、懐事情としっかり相談したうえで判断しましょう。

ピックアップ記事

未払いになっている残業代を請求しよう

【広告】

転職エージェント比較ランキング ベスト5

ワークマナビの管理人が考える、一番おすすめの転職エージェントをご紹介します。
「そろそろキャリアアップしなきゃ・・・」と、お考えのあなたに専門の転職エージェントによる充実した転職支援サービスの利用をオススメいたします。

履歴書・職務経歴書の効果的な書き方、面接対策、自身がまだ気づいていない強みの洗い出しも全部無料で活用できます!

まだまだ転職検討中の方もキャリアの棚卸しや自身の市場価値を知る機会を作ってみてはいかがでしょうか。複数の転職エージェントに登録するとキャリアコンサルタントの客観的な視点からあなたの適職や気づいていない強みに気づく事ができるのでオススメです。

エージェントを活用した転職は、採用されたらそれでサポートは終わりではありません。試用期間期間終了までの間、フォローを受けることが可能です。上司に直接言いにくい職場に対する不満点も聞いてくれて、角の立たない形で職場に改善提案などもしてくれるので安心ですね。

DODA
非公開求人の質量共にNo.1!
マイナビエージェント
じっくり探したいならマイナビキャリアがGood!
リクルートエージェント
大手を狙うならリクルート!
4位 JACリクルートメント
5位 パソナキャリア

未払い残業代の請求は「退職時に未払いになっている残業代を請求するには?」を参考にしてください!