職業訓練校にはどんなコースがあるの?

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED 旧雇用・能力開発機構)の支部が運営する職業訓練校には大きく分けて2つのコースが設定されています。

ひとつはオーソドックスな「ポリテクコース」、もう一つはおおむね35歳未満の若年者の方が対象のコース(名称は特に決められていません)です。

今回はこの2つのコースがどのようなものなのかを見ていきましょう。

【広告】


ポリテクコースは2つのコースに分けられている

機構が運営するポリテクコースは「アビリティコース」と「委託訓練コース」に分けられています。
まずはこの2つのコースの特色について見ていきます。

アビリティコースは機構の訓練施設で実施

もっともオーソドックスな訓練コースとも言える「アビリティコース」はほとんどの地方で設置された訓練プログラムとなっています。

職業能力開発推進センターや職業能力開発大学校、ポリテクセンターなどの専門の訓練施設で運営・実施されています。

アビリティコースでは、機械製図や工作機械の操作方法や金属加工、ビル管理、住宅サービスなどの技術系の技能を修得することが可能な訓練コースを設置しています。
いずれのコースも訓練期間は6カ月となっています。

民間委託コースは専門学校などに委託

「民間委託コース」は高齢・障害・求職者雇用支援機構などの支部が運営する各地のポリテクセンターが民間の専門学校などに委託して実施する訓練コースです。

アビリティコースが工業・技術系に対し、民間委託コースはパソコンを活用したOA実務や情報システム、事務(営業事務・経理・貿易など)、営業、サービスなどを学ぶことが可能な訓練コースを設置しています。

従来の職業訓練校では、工業系の訓練ばかりでしたが、民間委託コースの設置によってこれまで無かった事務や営業、サービス、プログラミングなど新しい訓練内容が用意されるようになりました。

昔のイメージでは職業訓練校=工業系でエンジニアや工場などでの勤務に興味のない人は敬遠しがちでしたが、近年では企業や失業者のニーズに合わせて訓練コースも随分変わっています。

民間委託コースの訓練期間の多くは3カ月が標準です。
都市部の専門学校などで学ぶことができるのも通学に便利ですね。

若年者向けのコース

おおむね35歳未満の若年者が対象のコースはキャリアの無い、もしくは浅い方を対象としたコースです。

このコースの大きな特徴は、委託訓練と企業内での実習を組み合わせていること。
3カ月程度の委託訓練で基礎的な学習をした後に、数ヶ月の企業内実習を行い実践的な知識や技能を身につけられるカリキュラムになっています。(企業内実習が先で委託訓練が後のコースもあるようです)
インターンシップをイメージするといいかもしれません。

中には訓練コースも修了後、実習先の企業に就職可能なコースもあるので、キャリアが浅くて正社員として働くことが難しい人にとっては大きなチャンスとも言えます。

ピックアップ記事

未払いになっている残業代を請求しよう

【広告】

転職エージェント比較ランキング ベスト5

ワークマナビの管理人が考える、一番おすすめの転職エージェントをご紹介します。
「そろそろキャリアアップしなきゃ・・・」と、お考えのあなたに専門の転職エージェントによる充実した転職支援サービスの利用をオススメいたします。

履歴書・職務経歴書の効果的な書き方、面接対策、自身がまだ気づいていない強みの洗い出しも全部無料で活用できます!

まだまだ転職検討中の方もキャリアの棚卸しや自身の市場価値を知る機会を作ってみてはいかがでしょうか。複数の転職エージェントに登録するとキャリアコンサルタントの客観的な視点からあなたの適職や気づいていない強みに気づく事ができるのでオススメです。

エージェントを活用した転職は、採用されたらそれでサポートは終わりではありません。試用期間期間終了までの間、フォローを受けることが可能です。上司に直接言いにくい職場に対する不満点も聞いてくれて、角の立たない形で職場に改善提案などもしてくれるので安心ですね。

DODA
非公開求人の質量共にNo.1!
マイナビエージェント
じっくり探したいならマイナビキャリアがGood!
リクルートエージェント
大手を狙うならリクルート!
4位 JACリクルートメント
5位 パソナキャリア

未払い残業代の請求は「退職時に未払いになっている残業代を請求するには?」を参考にしてください!